保険屋

 昔から銀行で働く人は銀行員と呼ばれ社会的にも信用がありますが、 証券会社や保険会社で働く人は株屋とか保険屋と呼ばれ世間ではあまり信用してはもらえませんでした。 その理由は銀行が預金、貸付、保証、決済など金融機関としての重要性が認められてきたのに対して、 株は切った張ったのイメージがあり大口顧客への損失補てんやインサイダー取引などの悪いイメージがついてまわるし、 生命保険の外務員はGNP(義理、人情、プレゼント)で契約をとり、 大量に採用された外務員は親戚知人の契約を取り終わるとほとんどがやめてしまうというイメージが強かったからだと思います。

 損害保険についても同様で私が就職するときも年配の方々からは 「保険屋になるのか?どうせなら銀行員になればいいのに」といわれたものです。 実際には損害保険会社は地震保険や自動車損害賠償責任保険(自賠責保険、強制保険とも呼ばれます)を販売することにより、 国の政策の一端を担っていますし、国債引き受けシンジケート団のメンバーとして財政にも寄与しています。 地震保険や自賠責保険は国民の安全を守るために国の政策により作られた保険で、 すべての保険会社は同じ保険料で同じ商品を販売し、引受拒否もできません。 東日本大震災では地震保険から莫大な保険金が支払われ復興に役立ちました。 ほとんどの損害保険会社は国民の安全を守ることを経営理念に掲げており、金融機関として国の政策に協力しています。

 近年は金融自由化・国際化により保険監督行政も国際基準に従うようになり、 IAIS(保険監督者国際機構)のメンバーでもある金融庁は日本の保険会社に「保険屋から金融機関への脱皮」を求めています。 具体的には保険会社が保険を販売するだけではなく、保険引受や資産運用に伴うリスクをコントロールして経営の健全性を高めることです。 このため最近の金融検査では事務的なミスの摘発よりもむしろ経営者の取り組み姿勢に重点が置かれ、 経営の健全性、透明性、リスク管理体制の実態がチェックされるようになってきています。